心より優しく

萩谷くんと愉快な仲間たち

いつかー下書きにあったものー

突然ですが、私の元担である京本大我についてお話しさせてください。

 

 

2012年にヲタクの道を進んだわけですが、バカレアと同時に京本担になりました。

好きになった理由は……わかりません

当時のことなんで、どうせ顔だと思います。(笑)

綺麗な顔してますよね。ほんとに(笑)

それと、彼の歌声、歌唱力。

そして徐々にうちに秘めた想いや裏の努力。

彼の全てが、自分にはないものばかりで。

尊敬、に近い気持ちだったと思います。

 

話が脱線しつつあるので戻しますが。

人間ってたいてい、好きになった人やキャラクター等の生い立ちとか過去を調べるものですよね。

私もその王道を辿って辿って、ある人に辿り着きました。

 

それが安井謙太郎

そうです、安井くんです。

 

調べると京本ラインっていうのがあって。

京本くんと安井くんがシンメで。

公式ではなかったものですから、今では存在しませんが。

動画を見て、一目で京安を好きになりました。

 2人の空気感が好きでした。

決してベタベタするわけではないんです。

表からじゃ見えない絆が2人の中にあって、心が通じ合ってる。

そんな2人でした。

 

当時「バカレア組」としてJr.の頂点に上り詰めた京本くんと、その影にいた安井くん。

 

 

 

しかし、「永遠は短い」とはこの事だと実感する出来事がありました。

 

岩橋玄樹神宮寺勇太らのフレッシュなJr.達の下克上により、バカレア組の勢いは消息した。

安定した、という言葉のほうが合うんだろうか。

事務所の推しが変わり、話題は完全に過ぎ去ってしまった。

そんな時に始まったバラエティー番組のガムシャラ!

そこで、番組のいわゆるMCをほとんどの回で任された安井くん。

おそらくそこでの安井くんの的確なまわしとツッコミで新規が増えたであろう。

 

MCとして毎回出る安井くんと、数回の登場の京本くん。

 

まさに逆転したとも言える2人の立場。

安井くんがチャンスをしっかり掴んで生かした結果であろう。

もちろん、京本くんがその間に何もしなかったわけではない。

彼は彼なりに、自分の魅せ方や立ち位置を考えていたはずです。

 

とある雑誌で2人がこんなことを言っていました。

 

京「何年かシンメだったね。また2人で歌いたいです」

安「Jr.のトップになったらね」

※若干の表現の違いはあります

 

 

これを見て、やっぱりこの2人は心が通じ合ってると確信しました。

いつかまた2人で歌えたらなあ、と。

密かな願いを持っています。

 

今ではSixTONESLove-tune

お互いにグループの中心人物ですから、一緒に歌うことが不可能になりつつありますが。

もちろん、今の担当・萩谷くんと頑張って欲しいものです。

でも、お互いの志が似てて、この世界で生き抜く術を理解している京安にはいつか隣でまた歌ってほしいなという気持ちがあります。

 

 

不可能だと分かっていますが。

いつか、いつか。

 

二人の背中が見たい。

 

 

 

 

いつか。