心より優しく

萩谷くんと愉快な仲間たち

アイドルにおけるLove-tune

とある安井担の子との会話の中での

 

アイドルとしてのLove-tuneとは?

 

という質問に、私は答えることができませんでした。

 

 

 

 

Mr.KINGやPrinceやSixTONES、Snow Man等といったそれぞれの特徴を持ったJr.内グループでの競争。

それぞれが"デビュー"を賭けたジャニーズJr.戦国時代にLove-tuneは生まれてしまった。

そう思いながらも、自担のグループ結成を喜びました。

というかは、安井くんと一緒だったことに喜びました。

安井くんのような人と一緒に活動が出来るなんて幸せな人だなと思ってしまいました。

安井くんだけじゃない。

美勇人、さなぴ、モロちゃん。それにフレッシュな顕嵐ちゃんとながつ。

 

萩谷くんはJr.の中でもドラムが上手で、というか上手すぎるの方が正しいかもしれない。

そこが誇らしい所でもありますが。

そんな萩谷くんが能力を生かせるのはバンドしかないと思っていた所に舞い込んできたチャンス。

成功すれば話題になるかもしれない。

と、これからの未来に期待していました。

でも、らぶの欠点はスキャンダルが多いところ。

ヲタだけでの話題もあれば、全国区に知れ渡った話題もある。

恋愛はしないほうがいい。

真面目で努力家で周囲に誤解されるような行動はしない。

それが王道アイドルの定理だとしたら。

らぶはこの先やっていくのは難しそう。

でもアーティストだと、楽器が弾けるらぶはやっていけるんじゃないかなと感じます。

 

かつて安井くんが語った。

Jr.の中で一番になりたい」という言葉。

一番にはなれないかもしれない。

王道アイドルにはなれないかもしれない。
グループ存続が可能かどうかも分からない。

 

でも。

そんな瀬戸際で生きる彼らをずっと応援していきたい。

かつて"ジャニーズ"そのものを覆し国民的アイドルにまで上り詰めたSMAPのように。

Love-tuneにしか出来ないパフォーマンスがあって、Love-tuneにしか出せない色があるはず。

 

司会なら安井謙太郎が。

歌なら阿部顕嵐他が。

楽器なら萩谷慧悟、真田佑馬、森田美勇人が。

バラエティーなら諸星翔希が。

ドラマなら長妻礼央他が。

 

 

 

 

某有名プロデューサーのプロデュースするアイドルが皆違う色と系統なように。

模範的なアイドルだけがアイドルではない。

 

型にとらわれないアイドル

 

それがLove-tuneだと、私は思います。

そしてこの記事の最大のテーマであり、タイトルにもあった質問の返事です。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

では。