読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心より優しく

萩谷くんと愉快な仲間たち

自担と私

2016年12月31日。

2016年があと数時間で終わるので、色々振り返ってみました。

 

今日といえばNHK紅白歌合戦

そして、私のAKB48の推しメン・ぱるること島崎遥香ちゃんのアイドルとしてのラストステージです。

思えば私のジャニーズヲタク生活、ぱるるが原点でした。

 

2012年4月から放送され、深夜枠ながら異例の視聴率を叩きだし映画化するまでとなった私立バカレア高校

私がぱるるを知ったのが2011年でしたので、当初はぱるる目当てでドラマを見ていました。

私がジャニーズJr.を知ったのはそれがきっかけでした。

当時バカレア組(現SixTONES)の6人のギラギラ感と安定した顔立ちに魅了され、ぱるる目当てで見ていたドラマも、次第にドラマ全体を楽しむようになりました。

当然ながら、最初は京本大我担当として、Twitterも始めていました。

京本くんを応援するうちに、Jr.のドン・安井謙太郎を知り、今の担当である萩谷慧悟を知るわけです。(その他Jr.略)

 

私がぱるるを好きにならなかったらジャニヲタにもならなかったわけで、当然フォロワーさんとも出会えなかったはず。

もちろん、すとんずちゃんに熱中しなかったら話は別ですが。

私がすとんずちゃんを大切にしている理由はそこにあります。

すべてのきっかけを作ってくれたぱるるSixTONES、そして萩谷くん。

 

少しだけ萩谷くんについて語らせてください。

 

マイペースで真面目で常に自分を持っている人。

萩谷慧悟(20)
Love-tuneで沢山の経験を積んで、泣いて、笑って、悔しがって。

今この時を充実してほしい。
きっと隣には安井くんがいます。
お世話してくれる美勇人、さなぴがいます。
昔からずっと側で見守るモロちゃんがいます。
あなたを慕うあらんちゃん、ながつがいます。

あなたを応援するファンがいます。
そして自分自身の能力に自信を持ってほしいなと思います。

 

いつかの雑誌の取材で萩谷くんがこんなことを言ってました。

 

 

「こんなたくさんJr.がいて、若くてぴちぴちした子もいる中でオレが好きって言ってくれる。だから(ファンには)『好きです』以上に伝えたい言葉はない」

 

 

 

気づいたら萩谷くんが頭の中を埋め尽くし、カメラロールを埋め尽くし。

きっときっかけは何気なくとも、好きな理由は綴れないほどある。

そこには、担歴だとか愛の強さがどうこうだという見栄や意地は必要ないと思います。

会ったことがなくとも、ファンを大切にしてくれてると実感する。

実感できる場面が幾つもある。

そして担当や推し自身も、ファンレターとか声援とか、ファンが応援してくれてることを実感する。

そうして成り立っていく関係。

だから熱愛とかネットニュースだけで判断してSNSに投稿しないほうがいいと思います。

ましてや偏見で人を罵ることも。

それは単なる感情論でしかない。

それが本当に自担にプラスになるのかどうか判断することが大切だと思います。

 

 

 

自担と私、推しと私とは。

 

会えなくても、

側にいなくても寄り添える関係

 

 

 

そんな関係性をこれからも大切にしたいですね。

 

今日は最後まで見届けて、今後の島崎遥香ちゃんの活動を応援していきたいと思います。

 

 

では。

私に関わる全ての人が次くる年を幸せに過ごせますように。