心より優しく

萩谷くんと愉快な仲間たち

Réminiscence

ヲタクを卒業している身の私、なんですが。

どうしても誰かに伝えたい、語りたい出来事が起こりました。

 

少しだけ、そのお話をさせてください。

 

 

 

 

 

好きな人が、すごく好きだった人達が、表舞台から消えました。

 

 

それは、私が大好きだった Love-tuneの退所。

その記事をたまたま、SNSで見た時。

目を疑った。

一人や二人、そういう問題ではなく、7人全員での退所。

ひそかに好きだった髙橋凛くんが退所した時は、心のどこかで納得してしまった。

ああ、そうだよね。って。

もういいよって。

心のどこかで解放してあげたかった。

 

でも今回は少し違った。

 

これはドッキリだし、絶対に違う。

 

ヲタクを卒業した今も、心の片隅で彼らを応援していたからだ。

私がヲタクを辞めた理由。

それは自分が萩谷くんを、Love-tuneを応援しても彼らには何の得も損もないんじゃないか。

現場にも行けない、そんな私が彼らのファンを名乗っていいのだろうか。

そんな葛藤が、私の中にずっとあったから。

 

これは初めて語ることかもしれないですね。(笑)

 

かつて安井くんが盟友と語った記事を思い出した。

 

安井くんは、芯を持った人だった。

どんな立場にいても、どんな待遇を受けても。

 

Jr.のトップになる

 

彼が何度も何度も口にした言葉だ。

一切の妥協も許さなかった。

京安時代からそう。

彼が何年もやって来た理由はそこだと思う。

でも、だからこそ。

安井くんは絶対にデビューするんだと思っていた。

Love-tuneは絶対にデビューをするんだと。

まさか全員退所するなんて。

そんなことが頭をぐるぐるぐるぐる。

 

私がヲタクを辞めてからしばらくして、キンプリ(King & Prince)の6人がCDデビューを果たした。

そのデビュー曲は、あの伝説の漫画 花より男子の次世代の話を描いた花のち晴れの実写ドラマの主題歌となり、6人の名前と楽曲は世に知れ渡った。

 

 

きっとキンプリみたいにデビューできるんだ。

今すぐじゃなくても、きっと。

ヲタクを辞めてからもそう思っていた。

そう、彼らを、可能性に、夢を見ていた。

その長い長い夢から覚めた今。

まだまだその夢が続いているかのような毎日。

目が晴れるほど泣いた夜。

思えば思うほど悲しくてつらい。

ヲタクを辞めた私ですら思うから、ヲタクの皆んなはもっともっともっと、辛いはずだ。

 

 

彼らが見させてくれた夢は、楽しくて、嬉しくて、悲しくて、儚くて。

雨上がりの虹のように儚い。

最後の最後まで7人一緒で、ヲタクを第一に考えてくれていた。

 

 

ありがとうございました。

 

お疲れさまでした。

 

 

その二言で言い表せないくらいの気持ち。

いろいろな表現の仕方があるけれど。

私は、ずっとずっと頑張ってくれた7人に聞かせたい歌の歌詞をここに記録します。

それが、私が伝えたい、残したい思いです。

 

 

 

私は立ってる

憧れていたステージ

大歓声 拍手と熱気の中

厳しいレッスン 自分の壁乗り越えて

迎えた今日 チャンスの幕が開く

一人だけ踊れずに 帰り道泣いた日もある

思うように歌えずに 自信を失った日もある

いつもライバルが輝いてみえた

 

夢は汗の中に 少しずつ咲いて行く花

その努力 決して裏切らない

夢は汗の中に 芽を出してずっと待っている

いつかきっと願い叶うまで

 

スポットライトがこんなに眩しいなんて

長い夜が明けた朝陽のようね

先輩たちには負けたくないよ 絶対に

私たちのショーを作りたかった

怪我をして休んだ時

悔しくて泣いた日もある

学校とレッスンの両立に諦めた日もある

だけどアンコールがどこかで聞こえた

 

夢は涙の先 泣き止んだ微笑みの花

頑張った蕾がやがて咲く

夢は涙の先 雨風に負けず信じてる

晴れた空に 祈り届くまで

 

(略)

_____________________「初日」AKB48

YouTubeで、「初日 竹内美宥」と

検索をかけてみてください。

 

では。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

元萩谷担より。

皆様へ

こんにちは、というか、お久しぶりです。

1年ぶりにこうやって投稿させて頂いています。

 

 

更新ストップの理由としては、一身上の都合によってTwitter、そしてジャニヲタを卒業したということ。

 

ヲタ卒の時に、Twitterのフォロワーさんには報告していたのですが。

このはてなブログはストップという状態のままにしておりました。

やはりこのままではダメだと思い、本日、下書きに残したものを一つ投稿しました。

 

アカウントとしてはしばらく残しておきたいと思いますので、最後にひとつだけ。

 

 

 

 

萩谷くんについての思いを書かせて頂けたらと思います。

 

元々、京本担時代に萩谷くんを好きになり、ほんのしばらく掛け持ちをしていました。

ですが、私の中で掛け持ちということがあまり納得行かず、最終的に萩谷担として残ることに。

もちろん、掛け持ちが悪いとは言っていません。

ただ、本当に私の中で、それがどうしても許せなかったんです。

ぱるる(元AKB48 島崎遥香)*単推しだったがために、何となく許せなかった。

 

*単推し:ひとりの子だけを推すこと

 

それが、結果的に萩谷担となったまでであって、決して京本くんが嫌いになったとか、そんなことはまっさらありえません。

本日投稿した、『いつかー下書きにあったものー』にも書いていたように、京本くんは私にないものを全部持っていて。

すごくキラキラした人だった。

 

おんなじように、萩谷くんにもそんな魅力があった。

ちゃんと自分を確立している。

ぱるるに似てる。変わった子。

でもすごくキラキラしてて羨ましかった。

楽しくて、面白くて、可笑しくて。

萩谷慧悟が大好きだった。

今でももちろん、影から応援してますが。

 

 

私立バカレア高校京本大我萩谷慧悟

私のヲタ人生の中で大切なもの。

 

たくさん学んだこともあった。

たくさん悩んだこともあった。

でもその倍くらい、フォロワーさんに助けられて救われた。

 

たくさんたくさんありがとう

 

このはてなブログを読んで頂いた皆様にも。

 

 

 

ありがとうございました

 

 

腐れたら負け

突然ですが

 

 

カモミールという花を知ってますか?

 

 

 たぶん一度は見たことがある花だと思います。

私もよく知らなかったので少し調べてみました。

 

  

f:id:hk1107:20170126154242j:image

カモミール

キク科の花で、ハーブティに使われる代表的な植物のひとつ。

カモミールティーには安眠を促す効果があるんだそうです。


地面を這うように生え、踏まれれば踏まれるほどよく育つ。

逆境に耐える

逆境で生まれる力

といった花言葉は、それに由来しているそうです。

 

 

さて

これらを踏まえながら私の本音を皆さんに知ってもらいたいなと思いまして書かせて頂きました。

 

先日、約2ヶ月間に及んだJOHNNYS' ALL STARS ISLAND が無事に閉幕しました。

 

始まる前には、ファンの間では

デビューのための最終チェック

だと言われていましたが。

無事に終わって。

スタッフさんや出演したJr.の皆に、まずはお疲れ様と言わなければいけませんね。

お疲れ様でした。

 

以前、私は今ジャニーズJr.戦国時代に入っていると言いました。

よく、Twitterにはどこかしらのグループのデビュー説が頻繁に出回ります。

もちろん、それは全て作り話のデマで。

私としては、何故そんな意味のないことをするのか不思議に思います。

…まあそれは今は置いといて

 

ご存知の通り、私はLove-tune萩谷慧悟くんを応援していますが。

彼は俗に言う “推され” ではありません。

じゃあ “干され” なのかと言われれば微妙な位置ですね。

かと言って私は推されてほしい訳でもありません。

芸能界はシビアな世界で、並の努力じゃ通じない世界。

努力だけでは上に登る手段がない限り上には上がれません。

そんな世界で、またそれに加えて “ジャニーズJr.” という競争社会の中で彼が模索しながら戦っています。

でも、そんな世界だからこそ経験出来ることもたくさんあって。

並大抵の努力だけでは通じない世界で、それ以上に努力して色んなものを勝ち取ってほしいんです。

それがいかに難しいか、彼の立ち位置や状況で伝わってきてます。

わかってます。

100の努力が1しか報われない。

また序列が下がった。

後輩に抜かれた。

おそらく一般人の私たちが感じる「悔しさ」の何倍もの重みがあること。

わかってるんです。

本当は心のどこかで

「もう頑張らなくてもいいんじゃない」

って何度も何度も思いました。

それでも、やっぱり諦めてほしくないし、諦めたくない。

 

努力と結果はイコールの関係じゃないと、彼やJr.の皆を見ると思います。

やった分だけ結果が出るわけでもない。

だけどやった分だけ自分が成長する。

努力とイコールの関係になれるのは成長だと思います。

 

私的には、萩谷には今チャンスの順番が回っていると思います。

Love-tuneというチャンス。

ここで活かさなければ間違いなく死ぬ。

萩谷くん自身が、もっと、もっと、もっと。

Love-tuneを好きになってほしい。

努力した先に描いた未来がセッティングされるまで。

カモミール花言葉のように。

踏まれれば踏まれるほど強く、太く。

絶対に腐れるな。

負けるな。

誰かが必ずその努力を見てるから。

絶対に諦めてないで。

 

 

この世界は、

腐れたら負け

 

 

 

 

 

 

ということでしたが。

長くて重苦しくてごめんなさい(笑)

私はこれを書きながら泣いてます。

ぜひ皆さんも、これを読んでそれぞれの推しにあてて考えてほしいなあって思います。

 

最後までありがとうございました。

ではまた。

いつかー下書きにあったものー

突然ですが、私の元担である京本大我についてお話しさせてください。

 

 

2012年にヲタクの道を進んだわけですが、バカレアと同時に京本担になりました。

好きになった理由は……わかりません

当時のことなんで、どうせ顔だと思います。(笑)

綺麗な顔してますよね。ほんとに(笑)

それと、彼の歌声、歌唱力。

そして徐々にうちに秘めた想いや裏の努力。

彼の全てが、自分にはないものばかりで。

尊敬、に近い気持ちだったと思います。

 

話が脱線しつつあるので戻しますが。

人間ってたいてい、好きになった人やキャラクター等の生い立ちとか過去を調べるものですよね。

私もその王道を辿って辿って、ある人に辿り着きました。

 

それが安井謙太郎

そうです、安井くんです。

 

調べると京本ラインっていうのがあって。

京本くんと安井くんがシンメで。

公式ではなかったものですから、今では存在しませんが。

動画を見て、一目で京安を好きになりました。

 2人の空気感が好きでした。

決してベタベタするわけではないんです。

表からじゃ見えない絆が2人の中にあって、心が通じ合ってる。

そんな2人でした。

 

当時「バカレア組」としてJr.の頂点に上り詰めた京本くんと、その影にいた安井くん。

 

 

 

しかし、「永遠は短い」とはこの事だと実感する出来事がありました。

 

岩橋玄樹神宮寺勇太らのフレッシュなJr.達の下克上により、バカレア組の勢いは消息した。

安定した、という言葉のほうが合うんだろうか。

事務所の推しが変わり、話題は完全に過ぎ去ってしまった。

そんな時に始まったバラエティー番組のガムシャラ!

そこで、番組のいわゆるMCをほとんどの回で任された安井くん。

おそらくそこでの安井くんの的確なまわしとツッコミで新規が増えたであろう。

 

MCとして毎回出る安井くんと、数回の登場の京本くん。

 

まさに逆転したとも言える2人の立場。

安井くんがチャンスをしっかり掴んで生かした結果であろう。

もちろん、京本くんがその間に何もしなかったわけではない。

彼は彼なりに、自分の魅せ方や立ち位置を考えていたはずです。

 

とある雑誌で2人がこんなことを言っていました。

 

京「何年かシンメだったね。また2人で歌いたいです」

安「Jr.のトップになったらね」

※若干の表現の違いはあります

 

 

これを見て、やっぱりこの2人は心が通じ合ってると確信しました。

いつかまた2人で歌えたらなあ、と。

密かな願いを持っています。

 

今ではSixTONESLove-tune

お互いにグループの中心人物ですから、一緒に歌うことが不可能になりつつありますが。

もちろん、今の担当・萩谷くんと頑張って欲しいものです。

でも、お互いの志が似てて、この世界で生き抜く術を理解している京安にはいつか隣でまた歌ってほしいなという気持ちがあります。

 

 

不可能だと分かっていますが。

いつか、いつか。

 

二人の背中が見たい。

 

 

 

 

いつか。

 

アイドルにおけるLove-tune

とある安井担の子との会話の中での

 

アイドルとしてのLove-tuneとは?

 

という質問に、私は答えることができませんでした。

 

 

 

 

Mr.KINGやPrinceやSixTONES、Snow Man等といったそれぞれの特徴を持ったJr.内グループでの競争。

それぞれが"デビュー"を賭けたジャニーズJr.戦国時代にLove-tuneは生まれてしまった。

そう思いながらも、自担のグループ結成を喜びました。

というかは、安井くんと一緒だったことに喜びました。

安井くんのような人と一緒に活動が出来るなんて幸せな人だなと思ってしまいました。

安井くんだけじゃない。

美勇人、さなぴ、モロちゃん。それにフレッシュな顕嵐ちゃんとながつ。

 

萩谷くんはJr.の中でもドラムが上手で、というか上手すぎるの方が正しいかもしれない。

そこが誇らしい所でもありますが。

そんな萩谷くんが能力を生かせるのはバンドしかないと思っていた所に舞い込んできたチャンス。

成功すれば話題になるかもしれない。

と、これからの未来に期待していました。

でも、らぶの欠点はスキャンダルが多いところ。

ヲタだけでの話題もあれば、全国区に知れ渡った話題もある。

恋愛はしないほうがいい。

真面目で努力家で周囲に誤解されるような行動はしない。

それが王道アイドルの定理だとしたら。

らぶはこの先やっていくのは難しそう。

でもアーティストだと、楽器が弾けるらぶはやっていけるんじゃないかなと感じます。

 

かつて安井くんが語った。

Jr.の中で一番になりたい」という言葉。

一番にはなれないかもしれない。

王道アイドルにはなれないかもしれない。
グループ存続が可能かどうかも分からない。

 

でも。

そんな瀬戸際で生きる彼らをずっと応援していきたい。

かつて"ジャニーズ"そのものを覆し国民的アイドルにまで上り詰めたSMAPのように。

Love-tuneにしか出来ないパフォーマンスがあって、Love-tuneにしか出せない色があるはず。

 

司会なら安井謙太郎が。

歌なら阿部顕嵐他が。

楽器なら萩谷慧悟、真田佑馬、森田美勇人が。

バラエティーなら諸星翔希が。

ドラマなら長妻礼央他が。

 

 

 

 

某有名プロデューサーのプロデュースするアイドルが皆違う色と系統なように。

模範的なアイドルだけがアイドルではない。

 

型にとらわれないアイドル

 

それがLove-tuneだと、私は思います。

そしてこの記事の最大のテーマであり、タイトルにもあった質問の返事です。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

では。